Top > 磯釣り > 日和佐のグレ釣り考察

日和佐のグレ釣り考察

状況を読む力を養うと釣りは楽しくなる

今シーズンのモットーです。状況把握しながら釣りを楽しみたい、ランカーハンター釣友です。
釣れた魚でなく、釣った魚です。もっといえば、魅力ある磯釣りを展開したいと思ってます。

磯データ

2013年11月30日 中潮

徳島 日和佐 磯 2番周り ヨボシちかくのオチ

2013-11-30-010.jpg

独立磯で、地向きは、浅いゴロタ石、沖向きにエグレが左にある。おそらく右側も瀬があるかもしれないが今回、逆光が強く観察できず・・・
左向きに伸びる瀬際がポイント。また、遠投できれば、左100m沖にも瀬があると思われる。

上り潮、下り潮などわからなかった。

磯風景 磯風景 沖合いに見える島が「牟岐大島」あそでもつりしたいです。

グレ狙いのフカセ釣り

今回は、生のオキアミを使ったフカセ釣りでグレをターゲットに釣りをした。

グレ釣りの場合、マキエサで魚を浮かしサシエサをカモフラージュした形で対象魚を釣る。特に、このマキエとサシエの同調がポイントとなる釣りである。

今回使用したサシエサ

  • マルキュー ウルトラハードL
  • ヒロキュー ボイル生L

マキエサの配合

私のマキエサはこだわりがあまりなく、コントロールしやすく、サシエサと同様のものを使うことが多い。

  • マルキュー グレパワーV9
  • マルキュー 遠投フカセTR
  • オキアミ生L 6kg

今回は、配合エサを間違って、徳用を購入してしまい余ってしまいました(汗)

仕掛け

オーソドックスなウキフカセ釣りなので、説明は控えます。

ウキを固定にするのか、半誘導でするのか、全層にするのかはケースバイケースで変えて釣ってみました。このウキはあくまでも目安と仕掛けを思ったようにコントロールするための道具として考えています。

グレ釣りの考察1

グレ
(グレの写真取る時には、背びれを立ててるように輪ゴムやハリスを使いましょう!)

 グレのタナは3ヒロ以内と見極めた

あなたは、グレ釣りのとき、ハリスを何ヒロとりますか?

私は、3ヒロ取ります。ということは、今日の釣りは固定で十分となります。マキエを打つとスズメダイがゆーっくり寄ってきます。そして、そのあとにグレがエサをひろっています。ときには、下からグレが湧き上がってエサをひろっているのが、見えます。(←)

見えるということは、「3ヒロ以内」

固定ウキでハリス分で釣る。
でも、当たりがでない・・・それでは

魚を見ながら釣ることをサイトフィッシングと言いますが、グレ釣りはこのサイトフィッシングができる?はずなのですが、針のついたサシエサは喰わない。これに悩まされます。

  1. サシエの沈み方が針が付いているので違和感がある
  2. オキアミが回転しているから
  3. マキエサから離れているから
  4. 沈むスピードが違うから

が考えられます。そこで、これを一つ一つ解決してみようと思って工夫してみました。

1.違和感のあるエサ
これは、対策はたくさんあるので複合的と考え、4.と一緒に考えてみました。

2.オキアミが回転しているから
オキアミのしっぽを切り、スイベルを利用しました。

3.マキエから離れる
ラインメンディングとラインコントロールを駆使し、サシエを確認できる距離では合わせてみました。どうしても、風で道糸を引っ張るのでガン玉g6を追加して強制的に針側を引っ張るように調整しました。

また、サシエを先行して投入してから、ハリス分引っ張って風下に持っていきます。

4.沈むスピード
針の種類を変える(浅タナグレ7号→深ダナグレ6号)
サシエを変える(生コーティング→生オキアミ→ボイルオキアミ)
ハリスにガン玉追加

今回の当たりは・・・・
針の種類を変えてやること。

おそらく、沈むスピードもよかったかもしれませんが、サシエサのあったエサであったのもよかったと思います。

グレ釣りの考察2

魚の活性が落ちた。グレが見えないときは・・・

あれだけ見えていたエサ取りが全く動かなくなったり、鈍くなったりすると、テンションが下がりますが、状況を確認していきましょう。

  1. 水温が下がった
  2. 青物など大型魚が回ってきた
  3. 潮が止まった
  4. 魚がいない!?

1.水温が下がった
多分1度でもさがれば、状況は悪くなると思います。変化を嫌う魚は深場へと移動してしまします。

2.大型回遊魚が回ってきた
こうなるとエサ取りのような小魚は、磯際から離れません。そして、エサを拾いにいったとしても、回遊魚の存在に気づくとぱっ散ってしまいます。

今回は、この行動はなし。

3.潮が止まった
はじめから、止まっています。

4.魚がいない!?
どうしもないです。磯変わりがいいでしょう。

おそらく、1.と判断しましたが、そうなると、深いタナを狙うしかないんですがこの攻め方を考えてみました。

深タナの攻め方

フカセ釣りで簡単なのは、近くの浅いタナで見ながら釣ること。

実際は、そんな釣り場はなく、サラシの中であったり、潮目の手前、深いタナであったりするわけです。その釣りが難しいと言われる所以は・・・・ズバリ

サシエの動きを把握できないくらい、ウキ、道糸などが邪魔しているためではないでしょうか?そこをどう理解するのかが、フカセ釣りだと思っています。

今回は、深タナなんですが私の場合、2通りで攻めます。

  1. ゆっくりタナを深く探る
  2. 一気にタナを落とす

どちらも利点、欠点がありますがシンプルに考えることができる方が、釣った感じが強いと自負しております。そこで、今回は1.ゆっくりと深く探るを実践。

00負荷のウキにバランサーか口ナマリですこーし過負荷状態で全層沈めを行いました。
これで、当たりがでれば最高だったんですが、底まで落ちるまでにエサがなくなるような状況。さらに、底までエサが残ったとしても、ベラが当たる・・・

完敗でした。

では、2.一気にタナを落とす方法では、どうでしょうか?当日のように潮が効いていない。サラシもない。マキエが真下に落ちる状況では、一気に落とすと仕掛けの角度を保つことができず、逆に目立ったサシエとなり、ふぐなどにやられると思いました。

2段ウキを使った深タナ攻略

2段ウキ

(今回、新たにウキシステムを買ってみました。前から興味はありましたが、使う機会がなかったウキ TWINシステム)

親ウキ(上のウキ)の負荷が軽い。沈めウキ(下のウキ)のマイナス負荷が親ウキよりも大きいシステムです。
一見、過負荷で沈んでしまいそうなシステムなんですが・・・浮きの形状から仕掛けの張りを作るシステムになっています。まだ、十分に使いこなせていませんが、タナを取っても、全層で沈めても面白いシステムではないかと思っています。

ただ、浅いタナの釣りでは使えませんので・・・真鯛、チヌ狙いで多用してみたいと思います。今後の考察に期待してください。

11月末の日和佐のグレ釣り考察 まとめ

  1. 活性があれば、3ヒロの釣り
  2. グレを釣るための角度を付けた釣り
  3. 低活性時には、魚はいない
  4. 深タナの攻略はまだ未熟

磯釣り

磯から狙う チヌ釣り、グレ釣り、マダイ釣り、カゴ釣り、フカセ釣りを中心に上達している記録をここに集めたカテゴリです。 主に地元の釣りがメインになります。ライトタックルで回数できればいい釣りです。
関連エントリー
11月 竹野 東の鼻 チョボ データベース日和佐のグレ釣り考察浜坂 東矢城 3月 チヌの状況釣りのDVDや動画を観察するなら!竿で獲る大型マダイがまかつ 磯竿 アルマがまかつ 磯竿 マスターモデルってフカセ釣りで釣れないときの秘策 ランキング満足な釣り上達へのコツ新規開拓 山陰ジオパーク本流に翻弄されたグレ釣り今年初釣り!1時間で納竿フカセで真鯛、チヌ、グレが釣れるわけ竹野でエサトリ交わして木っ端グレ完全フカセの証拠チヌ釣り 棒ウキのメリット磯釣りの道具 ちゃらん棒南風が強い日本海の釣り 浜坂の磯で磯の半夜釣りメソッド日和佐のグレ釣り考察屋久島で尾長ゲット!隠岐 6月の風景隠岐 6月の磯風景 写真隠岐の島 真鯛、グレ、チヌ隠岐遠征釣り 情報遠征釣りの準備 道具を揃える遠征釣り 和歌山 「古座」 仲間との釣りで上達釣り遠征 隠岐での方法 失敗から学ぶテクニック